三連休に、久しぶりにイオンモールに行きました。

買い物リスト(いつもメモって出かけますよ)

一番目は、みみの服

二番目は、自分の服

三番目は、バスタオル

四番目は、魔法瓶

五番目は、ペンタブレット

結果、一番目と五番目以外買いました。

ま、みみには先にネットでたくさん買った後なので、
今回は買えなくてもよしとしました。

加えて本人にも通告済だけど、塾代が半端ないから、
必要なもの以外は買えないよと宣言。→本人、納得はしていないけど


自分のはいつも買うお安いお店で、カーデガンとパンツを
主に毎日の通勤用です。どうしても毎シーズン若干は追加が必要です。

みみには見つかっていません。内緒にしています。
着た時ばれるけど・・・。
「私も着たい」と言われないような、比較的地味なものをセレクト(笑)

ところで
みみは、毎月雑誌セブンティーンを買っているみたい。
ファッションに無頓着すぎるのは困るから、いいことだと思っています。
でも、ほしいものが多すぎて、買ってあげられないのはきついですね。

ただ、最近は本当にリーズナブルなお店が増えてありがたいです。
私はそう感じています。



子どもの衣服に関する、なんとなくの印象なのですが、

赤ちゃんから幼児までは、本人の意思に関係なく、
親の好みとお財布事情で買えるので、さほど問題にはなりません。
お古も回転しています。ママ友ネットワーク♪

小学校低学年も、親が買ってきたものを、さほど文句なく着てくれたので、
経済的に負担にはなりませんでした。

小学校高学年になってくると、にわかに変化が現れます。
自分の主張がいよいよ出はじめるのです。
気に入らなければ着ないという現象がおこりました。

私が勘弁してほしいなと思ったのはrepipiをはじめとする子ども服ブランド。
すっごくかわいい服ばかりで、雑誌にも必ず掲載されているので、
どうしてもそれを欲しがり出すんです。

SHOPの袋を学校の手提げに使う子が多かったのも
印象に残っています。(子ども界のステータス?)

でも高い。
私の服よりも高い。

まだ伸びる年齢だからすぐ着れなくなるので、買いたくなーい。

でも、明らかに他店よりかわいい。欲しがるのもわかる!

親、辛いです。うちは母子家庭。そんなにお金にゆとりはない。くーーーっ。

そしてこのくらいの子の(160cmサイズ位)服って、
すごく選択肢が少なくなるんです。イオン直営店でも少ないと思います。

それも辛い~。

そして、中学生になり身体もしっかりしてきて、
身長の伸びもゆっくりになります。

 (といってもみみは中1で5cm以上伸びましたけど。)

160cm超えてくると、もう逆に子ども服の店では当然合いません。

今は、大人のお店 その中でもティーンズ向けのブランドに熱視線。👀

ハニーズ、ウィゴー、GU・・・。

助かります!助かります!

比較的、お安く、尚且つ流行に敏感。
そして、私も着れるようなものもいっぱい。
サイズも選べるし。

感謝です。感謝ですよ!

今は質より量みたいな感じなのが、かわいいところです。
質を言い出すころには、自分でアルバイトができるようになっている?
と願う母です。


他に買ったものの魔法瓶は、白湯を入れておくためです。

半年くらい前から、二人で白湯を生活の中に取り入れました。

その理由と成果はまた今度したためたいと思います。

おすすめ情報として。