ある休日のことです、

10時まで寝ていたみみも起床し、私も洗濯まで終えました。
そこにおばあちゃん(私の母)から電話。
数駅先の駅まで用事があってきている。
都合が合えばランチでもどうかしら?という話。

私はOK。みみも今日の塾は午後から自習だから、OK。

「いけまーす」ということで、母の用事が終わったらランチに出発ということに。

このところのみみの夕食といえば、ほとんど一人。
私は19時迄位には帰宅しているので、そんなに遅くはありません。
ですが、二つの理由でそうなっちゃってます。

・学校から帰るとお腹が空きすぎて、お菓子を食べすぎる

・塾に行くために19時までには出発したい。

私がゆったりと送り出して上げられればいいのですが、仕事があります。
だけど、きちんと栄養もとってほしいです!
更に、火を使わせるのは怖い。
(お料理やお菓子作りはするのでできるのですが、何しろ大慌てで
ドタバタ出ていくので、万が一火の不始末があると怖い!
なるべく電子レンジを使って温かいものを食べられるようにしています)

そこで、レンジでチンとすれば温かいものが簡単に食べられるように
工夫しています。

先週は、
・王道の(?)カレー
 →鍋ごと冷蔵庫に入れておき、食べる分だけお皿に入れてチン

・とりそぼろ丼

・野菜炒め

・ケチャップスープ

・オムライス

って感じですかね。
それぞれにサラダや煮物なども付けています。

そんな訳で、手作りのごはんではあるのですが、一人で食べることが
増えてしまい、出来立てを二人で食べれない!

ですから、こうして母が外食に誘ってくれるのは
『食のストレス発散』には、本当にありがたい。

最寄り駅近くで待ち合わせで、母と行きつけの和食のお店へ。
がっつりお肉メニューを食べ、デザートも食べて・・・
来ていたスカートのフックの位置を最小から最大値に移動させていました(笑)

食事中に、おばあちゃんはずっと楽しそうにしゃべります。
でも、年の差感じます。
時折、天然ぶりも発揮します。ぷっと吹き出すような。
みみの様子を見ていると頭の上に「???」が浮かんで見えることも。

この日はなぜかは覚えていませんが、母が指の話をしていて、
手を見せながら順に、
「お父さんゆびでしょ、お母さんゆびでしょ、たかたかゆびでしょ・・・」と
言ったところで、どうにも吹き出していました。
「たかたかゆび~」指を使って説明しているので、中指のことを言っている
というのは分かるのですが、みみには初めて聞く表現でウケてました。

中指 = お兄さん指 = たかたかゆびです。👀


ちょっとかわいいですね♪

多分、みみはこの話を学校で話すことでしょう!

他にも、ハイネックのものを母はいまだに「とっくり」と言いますよ。
私はさすがにもう使わないです。子どものころは使っていましたけど。

日焼けに気を付けているという話をしている時に、
「この時期は、とっくりを着て、首は焼けないようにしてるの」と
母がフツーに話すのですが、みみは「???」。
恐らく日本酒を家で飲まないので、お酒を入れる徳利も
知らないんじゃないかなぁ。

ハイネックとかタートルの服のことを言ってるんだよと、通訳。

こういう経験って、後々じんわりあったかい思い出として残りますよね。

元気とはいえ、母も70代に入りましたから、機会はなるべく作って
交流を深めたいと思います。