自分が中学生だったころは、30年ほど前になります。

私は、人と話していて気付くのですが、子どものころの記憶が
あまり鮮明じゃない気がします。
この件、前から不思議に思っていました。
幼いころのことを克明に覚えていらっしゃる方、おられますよね。
元旦那がそうでした。
この差って何か科学的に原因があるのだろうか?
調べてみたいことが、毎日溢れてしまって忙しくてコマリマス(笑)

話は戻ります。
私の中学生のころは、部活三昧で放課後も土日も部活で運動ばかりしていました。
かなりハードなトレーニングをこなしていたなぁと思います。
そして、それがこなせてしまう若さが懐かしい。
でも、塾や習い事は全くやっていなかったので、帰宅後は家で過ごしていました。

何をして過ごしていたんだろう。
きっと、ご飯食べてテレビ見てお風呂入って翌日の準備をしたら、
あっという間に寝る時間だったろうなと思います。
私は、結構自室にこもっているタイプでした。(それはよく覚えてる)
そんなにおしゃべりな方ではなく、自分から自分の気持ちを発信はしないし、
話したいとも思わなかったような・・・。
というのは、父が家に居る時は緊張感があったからです。
結構な偏屈でしたので(笑)

さて、今現在の中学生のみみですが、お忙しいのです。

平日:学校→部活→帰宅18:00頃→塾19:00頃→帰宅22:30頃

塾から戻りソファに少し座っていると、すぐにZEROが始まる感じです。
疲れるだろうと思います。実際週も後半になってくると眠そうです。
ただ、通塾は、受験生ということもあり、本人の意思によるものです。
我が家は母子家庭で所得も多くないので、できれば行ってほしくありませんでした。
更に、自分が塾なしでそれなりにやってきているので、
自己管理ができれば、全くいらないものだと今でも思っています。

ただ、自分を基準に考えたらいけないんですよね、きっと。
何らかのサポート(この場合は、塾)をしてあげれば伸びる子もいる。
きっと、伸びてくれると信じて塾に送り出しています。
何より、3年生になってからやっと「自分の意思で勉強」しだしたことが
うれしいです。やらされてる感半端なかったので・・・。

中学生までの学習内容がきちんと身についているかいないかは、
恐らく大学受験の時にも大きく影響するであろうと、「今」の学習が
一生のうちで一番大事なのではないかと、思っています。
ですから、家計には大打撃ですけど、がんばって塾代払ってます。
すっごくキツイです!泣きそうです・・・。


みみは、9月から塾を変わりました。
夏期講習を受けた塾を気に入り、そのまま入塾という運びになりました。
これがよかったのかどうかは分かりません。悩みました~。
決め手は、やはりみみの変化です。

夏休み、毎日やる気が漲っていました。
(みみの内部に、「やる気」というものが存在したんだ!発見!)

そんな姿見たことが無かった。(まぼろし?)

いっさい、口を出す必要なし(信じられん)

何も言わなくてもすぐにテレビを消して、勉強(この人は誰?)

勉強の内容には関わっていませんが、様子を見る限り
やっと本気になってきたんだということは感じました。

ところが
夏休みの終わりに受けた模試と、9月初めの学校で受けた実力テストの
結果がひどかった。

実力テストは校内順位なので、いつもの定期テストと同じような感じ。
問題は模試。今までのワースト2

元々ひどすぎたので塾のお世話になったという経緯があり、
なにも上位校は狙っていません。でもでも
必死に食らいついて頑張っていた夏休み後の模試だったので気の毒で。
正直、夏休みにやったからすぐに上がるとは、私は思ってませんが、
あまりにも悪くてびっくりしました。

アラフィフだった偏差値がアラフォーだったんです。

(私の年齢がこうなればいいんだけど・・・)

大丈夫です。みみは、この結果にふてくされず、
眠い目をこすりながら毎日頑張り続けてます。

せめて後一年、いや後半年早く、今の姿になっていてくれたら、
お互いにラクだったろうになぁ。
たらればや過去のことをどうこう言うのは大嫌いなんですが、
みみのことについては、ちょこっと思っちゃいますね( ;∀;)

この子どもの教育については、いくらでも思うことがあり、書ききれません。
また、3年生になってからの懇談で担任から言われた言葉にも、憤慨したり・・・。

受験まで数か月、みみの努力もここに記録していきたいと思っています

ママちゃんは応援団長として、最後まで一緒に頑張ります。