9月になってから、少しずつ朝晩が涼しくなってきましたね。
そのせいか、同僚もそのお子さんも風邪を引いてしまって先週お休みをされていました。
季節の変わり目が一番体調を崩しやすいらしいのですが、私はもう何年も風邪をひいていません。
最後の風邪はいつだっただろう・・・?
そういえば、みみも滅多に風邪をひかないですね。
保育園のころも、他のお子さんに比べると発熱する頻度は少なかった印象です。
また、発熱しても丸24時間経過すると解熱していて、仕事も一日休むだけで済むことが多くて助かりました。

そう、タイトルの件です。

中学3年生になる娘ですが、まだ私と二人で布団を並べて寝ています。
そのお蔭で、私は娘の寝ている姿を見ることができるんです。
最近では、みみの方が寝るのが遅く、逆に見られることが増えましたが。(笑)
ただ、朝だけは100%私の方が早く起きるので、朝の寝姿は毎日見れるんですよ。
で、9月に入り涼しくなってきてからというもの、起床時に娘を見て笑わせてもらってるんです。
それは布団をみのむし(?)というか、ねぶくろ(?)みたいに首から足の先まで巻き付けて
まっすぐにきをつけして上向きに寝ている姿。
いつもは寝相が悪くて上も下も右も左もなく動き回り、足も不思議なくらい投げ出しているのに、
この時期だけはほぼ毎日このみのむし状態。
しかも、寝ながら無意識でやっているとは思えないほどきれいに巻き付けていて・・・。
何がおかしいって、その姿がパパと全く同じだから!
初めてみみのその姿を見た時は、びっくりしてしばらく眺めちゃいました。
で、それが一回だけじゃなかったことで”DNA”ってすごい!って、ある種の感動。

私は離婚しているので、今現在みみはパパと一緒には生活していませんし、
多分パパの寝姿もさほど記憶にはないでしょうから、マネできることでもなく、
間違いなく生まれつきの行動。

親子っておもしろい!